にきび 改善

にきび改善ナビ

白ニキビ・赤ニキビ・黒ニキビ・隠れニキビ

ニキビといえば青春のシンボル。ほうっておいてもそのうち治ると考えていると、悪化して長年ニキビで悩むことになりかねません。顔のニキビは人の目につきやすく、日常の生活でストレスになることもあります。そのため、ニキビの原因や対処法を知り、健康な肌を維持するようにしましょう。

ニキビができる原因は「皮脂の分泌が盛ん」「毛穴がつまる」「アクネ菌が増える(米国ではニキビのことをアクネとよぶ)」の3つです。ストレスや偏食でもニキビができやすい状態をつくってしまいます。
白ニキビは毛穴がつまって中に皮脂がたまり、ボツッと膨らんでいるもの。黒ニキビは白ニキビになった毛穴が黒く見えているもの。赤ニキビはニキビが炎症を起こして赤く張れたもの。隠れニキビは白ニキビと黒ニキビの目立たない段階のもので、いずれ赤ニキビになる要素をもっているものです。

これらのニキビに共通しているものは皮脂の中でアクネ菌が増えているということです。
たまに毛穴につまった皮脂やアクネ菌を自分でつぶして出している人がいます。悪いものを出そうという気持ちはわかります。でも無理にニキビをつぶすと傷ついて炎症をおこし、悪化したりニキビ跡が残ってしまいます。つぶさないで皮膚科を受診しましょう。
外用剤と内服の組み合わせで改善します。

大人ニキビの傾向と対策

大人ニキビは、鼻、顎、額などにできやすく、できたら恥ずかしいですよね。

大人ニキビは、予防とすばやい治療が重要です。

ニキビができないようにするためには、皮膚を清潔に保たなければなりません。

メイクをした状態で汗をかくとニキビができやすいですが、
さすがにメイクをやめるわけにはいきませんので、
メイクは帰宅したらすぐに落とした方がよいです。

また、皮膚がかゆいとついつい爪でかいてしまいがちですが、
皮膚をかくとそこにニキビができやすいので、かゆくてもかかないようにしましょう。
どうしてもかゆくなって困る場合には、皮膚科に行くとかゆみを抑える薬を出してもらえます。

また、ニキビケア成分が含まれた化粧水などの基礎化粧品を日頃から使うと、
ニキビを予防することができます。

また、ニキビができにくい体質にするには、食生活に気をつけるとよいです。
便秘するとニキビができやすいので、食物繊維や乳酸菌などを摂取して、
便秘しないように気をつけましょう。
また、脂っこいものばかり食べないようにしましょう。

ニキビを潰すと、ニキビ跡が残ってしまうので、
そうならないためには、ニキビができるとすぐに薬を塗る必要があります。
ニキビの薬は、皮膚科はもちろん、ドラッグストアでも手に入ります。

通販限定商品ですが、評判のいい商品を紹介しておきます。
最安値で手に入れましょう。

リプロスキン楽天の最安値と口コミ特集!

ニキビに効く食べ物って?

ニキビはできると男女ともにかなり気になってしまう厄介な肌トラブルです。
ニキビでも何でもそうですが、体の改善をするためにまず大事なのは食生活の改善です。

では、ニキビにはどのような食品が良いのでしょうか。

ニキビ肌の原因は肝臓・大腸・肺など体内器官の不調、糖質・脂質の取りすぎ、新陳代謝の悪さ等から来ています。
なので、腸を整えて、代謝を良くしていくことがニキビ肌からさよならするための近道なのです。暴飲暴食はもってのほかで、
脂っこいものや甘いものはほどほどに、特にジャンクフードやファーストフードは避けるべきです。

これは、ジャンクフード・ファーストフードでは古い油を使っていることが多いので、血液の流れが普通の油よりも悪くなりやすく、老廃物も溜まりやすいのでニキビ肌になりやすいためです。

では、なにがニキビに効く食べ物なのか。それは、健康的な肌を作る元となるタンパク質やビタミンc類、食物繊維などがふんだんに含まれている食品です。具体的には、食物繊維の多い玄米、雑穀米や海藻に、ビタミン・食物繊維の多いフルーツ、緑黄色野菜(特にパプリカはビタミンcが野菜の中で特に多いです。)、ビタミン・タンパク質が多い肉類や豆類が代表的で効果的です。

にきびの原因を知ろう

思春期の頃からニキビには悩まされるような人は少なくはないと思います。
大人になってから出来るにきびにも悩まされる人は多いはず。
でも、思春期に出来るにきびと大人になってから出来るにきびはどこか違うんです。

思春期の頃は頬に多かったように思いますが、大人ニキビは主に口やあごに向けて出来やすいとされています。
生理前になると、出来やすくなるのも大人ニキビの特徴です。
治りも遅く、乾燥してかさつく症状も大人ニキビの現れです。

思春期の頃のニキビは余分な皮脂が分泌され、毛穴に詰まることで出来るにきびなので、洗顔方法を考えるだけですぐに治るといわれていましたが、大人ニキビの根本の原因はなんと、日頃の日常生活にあるのです。
日常生活を見直すことで、ニキビは出来にくくなるのです。

古い角質が蓄積されていくことによって出来るニキビと、お肌の乾燥もにきびの原因として知られているのです。
ホルモンの乱れや食生活の乱れもにきびの原因とされています。


しっかり睡眠をとり、しっかりバランスよく食べる事が大切です。
油分や甘いものは程ほどにするのが一番なのです。

そして、お肌をできるだけ清潔な状態にしておくことも大事です。
日常生活を気をつけることによってニキビは出来にくくなり、出来てしまったにきびも自然に治るのです。